クレジットカードでの注文をキャンセル処理、いつどうやって返金されるのか

クレジットカード返品キャンセル

クレジットカードを使って買い物をした場合、もし返品キャンセルするとどのように処理されるのでしょうか?

「現金で返金してほしい」「もしくは自分で指定した口座に振り込んでほしい」と希望しても、そのように処理することはできません。

あくまでもクレジットカードの返金処理は、「クレジットカードを通じて行われる」ということを覚えておいてください。

返品キャンセルしたからといって返品キャンセルできる訳ありません。

すぐにお金が戻ってくるわけではなく、返金のタイミングはカード全体の利用状況によっても左右されます。

キャンセルするにあたって最初にする事

クレジットカード払いで買った商品を返品する場合、まず最初にしなくてはいけないのが、支払いキャンセル(取り消し)の連絡を入れるということです。その際、連絡をするのは商品を購入した店であって、自らクレジットカード会社に連絡をしても、キャンセル(取り消し)処理をしてもらうことはできません。なぜなら、クレジットカード会社との契約を結んでいるのは店側であって、クレジットカードの利用者ではないからです。

キャンセルの連絡をした利用者がする事はこれだけです。

クレジットカードのキャンセルは現金での対応は?

「現金で返金」を希望する人がいますが、クレジットカードの場合、現金での返金には対応していません

その理由は、「ショッピング枠の現金化の防止」と「店側の手数料負担軽減」のためです。

クレジットカードのショッピング枠は、あくまでも商品を購入するために設けられているものです。しかし、支払いをキャンセルした場合の返金を現金で受け取ることができれば、ショッピング枠を現金化と同じ事になります。

また、クレジットカードに加盟している店舗は、クレジットカード決済時に手数料を支払っており、現金での返金になると手数料分の損が生じてしまいます。

現金で返金をしてしまうとその手数料は戻ってきませんが、カードに返金をすると店舗に手数料が戻ってくるシステムになっているからです。

このような不正利用や店側の損失を生じさせないようにするために、クレジットカードの返金処理は現金ではなく「カードのショッピング枠に返金」、つまり請求金額から、返金分を差し引いて請求する」という方法が採用されているのです。

ユーザーに返金されるのはいつ?

返金処理を行えば、すぐにユーザーに返金されるわけではありません。返金を行うのはクレジットカード会社です。
そのクレジットカード会社によって返金スケジュールは異なるため、明確に期間を特定するのは難しいでしょう。
場合によっては1〜2ヶ月かかるということもあります。

請求の締め日を過ぎていない場合

請求の締め日が過ぎていないという場合には、キャンセル処理が完了していれば、エンドユーザーの口座から引き落としがかかるということはありません

請求の締め日を過ぎているという場合

キャンセル処理を完了しているという場合であっても、エンドユーザーの口座に引き落としがかかります。
その後の対応については、それぞれのクレジットカード会社によって異なるため、カード会社にてどのような対応になるのかを確認してみましょう。

付与されたポイントが失効する

1つ目は付与されたポイントが失効することです。クレジットカードで商品を購入すると、クレジットカードの利用額に応じてポイントが得られることがあります。しかし、これらのポイントは商品の購入やクレジットカードを利用して初めて得られるものなので、一度付与されても返金処理がされることでポイントは失効します

タイトルとURLをコピーしました