ライフカードchの審査と特徴

ライフカードCh
スポンサーリンク
広告

「審査に不安がある方にクレジットカードライフを」

「ライフカード独自の審査基準でカード発行」

こんな方におすすめ!

過去の延滞経験で審査に不安

ETCカードさえ持てればいいのにいつも審査に落ちてしまう

ライフカードchの独自審査なので

過去に延滞がある

初めてクレジットカードを作る方

審査に不安がある方

などライフカードは一人ひとり個別に審査をします。

などと書かれていますが、「審査に不安な方でも」「過去に延滞がある」などここまではっきり審査が甘いことを書くクレジットカード会社はライフカードしかありません。

ライフカードchの特徴・サービス

弁護士無慮相談サービス付き

海外・国内旅行傷害保険自動付帯

ETCカードも発行可能

お誕生月ポイント3倍

初年度ポイント1、5倍

ポイント有効期限5年

ブラックでカードが欲しい人は是非とも欲しいカードだと思います。

ブラックの人のクレジットカードです。

ライフカードの年会費について

他のクレジトカードと最も違う点はライフカードchは年会費が代金引換な点です。

ライフカードゴールド11000円、ノワール11000円、スタンダードカード5500円です。

ライフカードとしてはリスクを抑えたいので年会費先払いとなっています。

ライフカードDpとライフカードChの比較

ほとんど受けられるサービスは同じです。

ライフカードchの審査に落ちた方はクレジトカード諦めて、ライフカードDpをおすすめします。

ライフカードchはカード到着時に年会費5,500円だけを支払えば済みますが、ライフカードDp(デポジット)は年会費に加えて保証金も支払う必要があります。保証金はそのまま利用限度額として反映され、限度額5万円なら保証金は5万円、限度額10万円なら保証金は10万円が必要になります。

ライフカードDpは「年会費+保証金の支払い」を行うことでカードを受け取ることができます。ライフカードDpとライフカードChは最初に用意する現金が大きく異なります。

ライフカードDpとライフカードChは、審査基準や取得難易度が大きく異なります。

ライフカードDpはカード入会時に保証金を預けて、預けた保証金の範囲内で買い物やショッピングができるクレジットカードです。ライフカードChは保証金は預けずにカード会員の信用だけでショッピングができるクレジットカードです。

ライフカードDpとライフカードChは、どちらも審査に不安がある方向けのクレジットカードではありますが、審査の難易度という点で言えば、断然デポジット型のライフカードDpのほうが取得しやすいクレジットカードと言えます。

ライフカードChはリボ払いや分割払い、ボーナス払いを利用することが可能なクレジットカードですが、ライフカードDpはショッピング1回払い専用のクレジットカードです。

ライフカードDpで分割払いやリボ払いなどは一切利用することができませんので、全て1回払いのみとなります。

先に保証金で金をライフカードがもらっているのでリスクはほぼゼロです。

どこにもカード審査が通らなかった人でも、ライフカードchに申し込みすれば、かなりの確率で審査に通ると思います。

ホームページであれだけ審査に通るように書いている以上、ライフカードもなんとかしてクレジットの審査を通るように図らってくれると思います。

本家ライフカードでも審査が甘いといわれているのに、その本家ライフカードを超えて審査が甘い

ライフカードch はクレジットカード

ライフカードDpはデポジット型カード

ライフカードch、 ライフカードDp ともにクレヒスが付きます。

ライフカードch はクレヒス作りにも打ってつけのカードです。

タイトルとURLをコピーしました