「え!なんで使えないの」クレジットカードが使えなくなった原因

クレジットカードが使えない

先日まで使えてたのに急に使えなくなったクレジットカード。

クレジットカードを使えなくなってしまった原因を以下に書こうと思います。

クレジットカードの有効期限が切れていた。

よくあるケースが有効期限が切れていたのが原因の場合。

カード表面に4桁の番号があります。10/21なら2021年10月まで使え、01/20の場合は2020年の1月まで使えます。

有効期限前に新しい更新されたカードが来ているはずです。

クレジットカードの限度額オーバー

クレジットカードには「ご利用可能額」が設定されています。この額をオーバーしてしまうと、ある日突然、利用停止となってしまうことも。

クレジットカードには利用限度額が設定されており、その額を超えて使うことはできません。短期間のうちに立て続けにクレジットカードで買い物をすると、こうしたことが起こりやすくなります。

例としてよくあるのが「結婚」です。結婚式関連の費用や新居の家具などをクレジットカードで支払っていくと、あっという間に利用限度額に達してしまい、カードが使えなくなってしまうことがあります。

こんなときは、事前にカード会社に連絡すれば、利用限度額を一時的に増額する「一時増枠」という手続きをとることができます。増額できるかどうかはケースバイケースですが、一時的に利用限度額を増やすことができれば、利用限度額に余裕を持って新居用の買い物ができます。

利用限度額オーバーでもクレジットカードは使えなくなります。

利用限度額とは、それぞれのクレジットカードに設定されている、「あなたはこれ以上の金額では支払いに使えません」という上限のこと。

年会費無料のクレジットカードだと10万円~30万円、ゴールドカード等だと100万円~300万円といった金額が設定されているので、『今月はよくカード払いをしたな…』という月にはこの利用可能額が上限金額に到達してしまうことはよくあるケースの一つです。

利用可能額を超えてしまったことが原因で利用停止となってしまうのは、好ましいことではないため、日頃から計画的にカードを利用することが大事ですね。

クレジットカードの支払いが遅れてしまった

クレジットカードの支払い金額が引き落とされる口座と、給料が振り込まれる口座が異なる場合によくあるケースです。クレジットカードのお支払い金額引き落とし日に引き落としがされなかった場合には支払いが完了するまで、利用停止となるため注意しましょう。

支払いを延滞した記録は当然社内の情報として残りますので、

引き落とし口座に十分な額が残っているかどうか、支払日の前には確認するようにしましょう。

磁気ストライプの異常

クレジットカードがいきなり使えなくなった場合には、クレジットカードそのものの故障していることも考えられます。

その多くが磁気ストライプの異常によるもの。

そっと磁気ストライブを拭いてみて下さい。

最近では磁気ストライブが原因でクレジットカードが使えなくなったという話はあまりききません。

ICチップの異常

ICチップが埋め込まれている最近のクレジットカードでは、カード表面の接点の汚れや、ICチップそのものの破損で読み取れなくなるケースがあります。ICカードが読み取り不可となったら、まずICチップの接点部分を柔らかい布で拭き、汚れを落として再度試してみてください。

それでも使えないなら

直接カード会社に調べてもらう。それが1番手っ取り早い。そうすればカード会社側で支払い履歴や利用限度額までの残り金額などを調べてもらうことが出来るので、すっきりとその理由を解決できると思いますよ

タイトルとURLをコピーしました