クレジットカードの締め日と支払日

クレジットカードの締め日と支払日

支払日と違ってカードの締め日を把握していない人がいると思います。

締め日を知らなかったせいで

「え〜今月こんなに高いの」とびっくりしたり、締め日を知っていれば、支払の高額に驚く事もないと思います。

賢くクレジットカードを使うには、締め日をちゃんと把握して毎月の支払いを

しましょう。

締め日と支払日の違い

締め日、支払日の違いは、

締め日:カード会社が1カ月分のクレジットカードの利用金額を確定させるための日

支払日:クレジットカードの支払日とは、締め日に確定した支払い額を支払う日

以下でもう少し詳しく説明します。

締め日とは

締め日とは、先ほど触れた通り「クレジットカードの利用分が1ヶ月単位で締め切られ、支払い金額が決定される日」のことです。

たとえば、締め日が「15日」だった場合は、その月の使用金額は15日で締め切られます。そして、16日以降のカード利用はその翌月の使用金額として、翌月15日までの締め日で締め切られます

そして、締め日は土日祝日関係ありません。15日が日曜日でも15日で締め切られます。

利用した店の請求処理によってズレが生じる場合があります。

支払日とは

支払日とは、締め日に確定した支払い額を支払う日です。

たとえば、15日が締め日で当月の月末が支払日の場合、15日に確定した金額が月末に口座から引き落とされます。

万が一、一日でも支払日がすぎてしまった場合は、すぐにクレジットカード会社に連絡しましょう。カード会社によっては、コンビニの支払い用紙を送るからそれで支払いをとか、再引き落としが何日にあるのでそのとき支払って下さいと対応はまちまちなのでクレジットカード会社の指示に従ってください。

クレジットカード会社が指示した支払い方法に従っていれば、信用情報に傷がつく事はありません。

クレジットは信用です。支払いが完了するまでクレジットカード会社に立て替えてもらっているのです。この時点で信用方法に傷がついても文句はいえません。クレジットカード会社の好意で、支払いを待ってもらっている状態です。

人間ですか支払日を忘れることもあります。

締め日と支払日を知れば事でお得に賢くクレジットカードの利用ができます。

支払日と土日祝日が重なった場合、ほとんどのカードが支払いを翌営業日にしています。

事前にリボ払いや分割払いに変更可能することもできる

クレジットカードで支払い手続きをした場合、後からその買い物をリボ払いや分割払いに変更できるサービスもあります。

たとえば、店頭ではクレジットカードで一括払いの手続きをしておき、後からカード会社会員サイトからリボ払いにすると言った事が可能です。

もちろん、一括払いとは異なり、高い金利手数料が発生してしまいます。リボ払いが借金地獄への落とし穴などと言われていますが、その支払いが高額のなった月の支払いのみに限定にしましょう。クレヒスに傷をつけたくない場合には、延滞を避ける手段としては覚えておくのは良いでしょう。

ただし、「後からリボ払い」や「後から分割払い」の手続きは、支払日直前では難しいですが、「後からリボ払い」の期限はながくないので早めに手続きを。

【クレジットカードの締め日】

クレジットカード会社締め日引き落とし日
yahoo!カード毎月末翌月27日
三井住友カード毎月15日
毎月末
翌月10日
翌月26日
NTTグループカード毎月末翌月15日
セブンカード・プラス毎月15日翌月10日
JCB毎月15日翌月10日
アメリカン・エキスプレス会員により個別に設定
ダイナースクラブカード毎月15日翌月10日
三井住友トラストカード毎月15日翌月10日
UCカード毎月10日翌月5日
DCカード毎月15日翌月10日
セディナカード毎月末日翌月27日
UFJカード毎月15日翌月10日
ニコスカード毎月5日当月27日
セゾンカード毎月10日翌月4日
楽天カード毎月末日翌月27日
オリコカード毎月末日翌月27日
イオンカード毎月10日翌月2日
ライフカード毎月5日当月26日・27日・28日または翌月3日
ポケットカード毎月1日翌月1日
ジャックスカード毎月末日翌月27日
ファミマTカード毎月末日翌々月1日
ビューカード毎月末日翌々月4日

タイトルとURLをコピーしました