どうしようクレジットカードの支払ができてない

クレジットカード
スポンサーリンク
広告

クレジットカードの支払いが残高不足だった!再度引き落とされる?どうなる?

初めてクレジットカードの支払いができなかったとしたら、これからどうなるのか、知っておきたいですよね。

【残高不足を起こしたときの主な疑問】

  • 期限後でも口座に現金を入れれば再度引き落としされるの?
  • 期限後に口座に現金を入れたのに引き落としがされてないんだけど!?
  • 何をしたらいいの!?カード会社から連絡くるの?

などがあるでしょう。

【最優先】クレジットカードの支払いが残高不足で支払えなかった時にでやるべきこと

優先でやるべきことは「カード会社への連絡」です。

残高不足に気づいたらすぐに連絡してください。

電話番号はクレジットカードの裏面に書かれています。

Googleで「〇〇カード 連絡先」と調べてもOKです。

【残高不足時の主な支払い方法】

  • 後日、自動的に引き落とされる
  • 所定の口座に振り込む
  • コンビニなどで支払う

早く支払いたい気持ちは分かりますが、コールセンターにカード会社の振込先教えて。すぐ払うから!という自分本位ではいけません。

カード会社が指定した方法で支払いして下さい。

引き落とされなかったあとで大切なのは誠実な行動

クレジットカードの使用は、「カード会社にお金を立て替えてもらっている」ということです。

クレジット=信用

旅行に行けたり。スーパーで買い物したり。

私たちは、期日(支払日)にきちんとお金を支払う約束でカード会社と契約をしています。

うっかりとは言え、その約束を破ってしまったときは「誠実な行動」が重要です。

もしもお金が足りず、クレジットカードの支払いができない場合は…

もし、お金が足りずにクレジットカードの支払いができない場合、支払いのスケジュールを変更してもらいましょう。

カード会社によってできることは異なりますが、たとえば支払いを「分割払い」や「リボ払い」に変えてもらえることがあります。

余分に金利はかかってしまいますし社内ブラックになりますがが、信用情報が傷つく※のに比べたら被害はかなり少ないです。

※支払いの遅延日数が61日以上になったり、頻繁に支払い遅延を起こしたりしている人は、将来的に新規カードの発行が難しくなることがあります

カード会社側の最大のリスクは貸し倒れなので、きちんと支払う姿勢を見せるのも大切です。

残高不足にならないために、日頃から「引き落とし日」と「請求額」を把握するように努めましょう。

払えないのに使うべからず

根本的に延滞は「使い過ぎ」が理由なケースが多い印象があります。

バイトの収入やお小遣いなどから「払えるのか?」を計算しながらクレジットカードを使うことは大事です。

延滞によるデメリットやリスクを知って、恐怖を味わうというのも防止策としては効果的かもしれません。

クレジットカードの延滞が起こる理由は色々と考えられます。

  • 銀行口座を複数持っている
  • カードの枚数が多い
  • 仕事の掛け持ちで振込先が違う

どんな状況であれ引き落としの残高不足は「自己管理」が原因です。

複数枚カードを持っている場合は、引き落とし口座を統一するなど管理方法を見直すのもいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました