ACマスターカードの審査は甘い?特徴・デメリット・審査を解説

クレジットカード

ACマスターカードとは、テレビCMでもおなじみの、消費者金融「アコム株式会社」が発行しているカードローン機能付きのクレジットカードです。消費者金融の なかでもクレジットカードを発行しているのはアコムだけ。

「アコムのACマスターカードってブラックでも審査に通りやすいって聞いたけど、本当かな?」

ACカードと言えば審査甘いというイメージがありますが本当でしょうか?

クレジットカード難易度審査【2021年版】 | クレジットカードのテンプレート (creditcard-template.net)

当サイトのクレジットカード審査難易度一覧でもアコムマスターカードの審査は審査が甘いAAAにランクしています。

それでは、ACマスターカードの特徴を見ていきましょう。

スポンサーリンク
広告

特徴1・即日発行できる

ACマスターカードは、以下の方法等で申し込んだ後、店頭窓口か自動契約機での受け取りを選択することで、最短で即日発行可能です。

  • インターネット(スマートフォン・ケータイ・パソコン)
  • 電話(18時までの受付で当日回答)
  • 店頭窓口・自動契約機(むじんくん)

申込みには運転免許証などの身分証明書と、条件によっては収入証明書が必要です。審査は最短30分で完了し、店頭や電話やメールでの連絡があります。

発行は店頭窓口またはマスターカード発行機つきの自動契約機で行われますが、受け取りには身分証明書が必要です。

クレジットカードの即日発行ができるクレジットカードはいくつかありますがとても少ないです。 エポスカードやセゾンカードなどがあります。

店頭窓口は18時まで、自動契約機は21時(年中無休)までです。

特徴2:年会費が永久無料

ACマスターの年会費は 初年度だけではなく 永久に無料です。

よく初年度だけ年会費無料のクレジットカードがありますが、ACマスターは永久に無料です。

特徴3・利用金額の0.25%が自動でキャッシュバック

ACマスターカードを決済に利用すると、申し込み不要で自動的に利用額の0.25%が請求金額から割り引かれます 。

例えば、 このように、5万円の決済をしても実際に支払うのは49,875円とキャッシュバック後の金額が引き落としされるため、他社のポイントのように期限切れをきにすることなく確実に割引が行われるのは大きいメリットです。

特徴4・選べる国際ブランドはMastercardのみ

ACマスターカードの国際ブランドはMasterのみです。クレジットカードの5大国際ブランドの一つであるMasterは、海外においては、VISAよりも利用できる場合があります。

そのため、海外での決済や、海外キャッシングを考えている場合にオススメです。

また、日本国内ではVISAが使えるほとんどのお店でMasterも使えるため、不便さを感じることは全くありません。

特徴5・ 三菱UFJフィナンシャル・グループの安心感

消費者金融のアコムということで、「危ない」、「怪しい」というイメージで不安に思う方も多いかもしれませんが、アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの企業です。

コンプライアンス体制が整備されているため、「いつの間にか利用額が増えていた」、「隠れた手数料を請求された」ということはまずありません。

また、アコム自体が東証一部上場企業なのです。東証一部上場企業というと、トヨタ自動車や三井物産、NTTなど日本のトップクラスの企業ばかりで、それらの企業と同じグループということになります。

つまり信頼性はばっちりなので不安はありません。

アコムACマスターカードの券面には、「アコム」のロゴはありません。そのため一見しただけでは、アコムのクレジットカードだとは思いません。

ACマスターカードの審査基準

ブラックでクレジットカードを作れると評判のACマスターカードですが、本当にブラックでも審査が作れるのでしょうか?

答えはYESです。

ACマスターカードは、独自審査で他のクレジットカードとは大きく違います。

他社のクレジットカードの審査落ちても、ACマスターカードの審査通ったなどの声も多数存在します。

ブラックでもACマスターカードに通ると言いましたが、破産1年の人、任意整理したての方はさすがにACマスターカードの審査は落ちます。破産3〜4年、任意整理をキチンと払ている方ならチャンスはあります。ACマスターカードの審査が甘いといっても、審査に落ちることもあります。

そもそもブラックになった人にクレジットカードを発行していてはいけないという法律はありません。そのためACマスターカードは、ブラックでも発行されているのです。

どのくらいのブラックならば、ACマスターカードの審査通過して、どのくらいのブラックならACマスターなら審査落ちになるのかは分かりません。

なお、さすがにアコムに迷惑をかけた方は門前払いです。

クレジットヒストリー(クレヒス)が作れる

クレジットヒストリーが真っ白でどこも審査に通らない人でも、ACマスターカードでクレヒスを作れば他社クレジットカードの審査に通りやすくなります。

ACマスターカードは海外ATMの手数料がかかる?

ACマスターカードは海外ATM利用手数料がかかりません。

海外キャッシングでは、お金を引き出す度に216円(税込み)の海外ATM利用手数料がかかりますが、ACマスターカードは無料です。

コレがかなり便利で、ATM利用手数料が気にならないので「必要な時に必要な金額だけ」を引き出す事ができます。

これで、大金を持ち歩かなくて良いので安全。

ポケットや財布に1万円程度の現地通貨を入れておくだけなので、万一盗難や強盗に遭ってしまったとしても、被害は最小限で抑えられます。

必要な時はそこら中にあるATMから好きな時にに手数料ナシで現金が引き出せるのはムチャクチャ便利です。 海外旅行専用のサブカードとして持っておくのがよいでしょう。

ACマスターカードのデメリット

デメリット1・普通のクレジットカードとは違って優待や特典がほとんど無い

ACマスターカードは、クレジットカード機能にキャッシんグ機能に重きを置いているため、他のクレジットカードに付帯しているような特典がほとんどありません。

旅行傷害保険が必要な場合は、他のクレジットカードと併用するのがおすすめです。 旅行傷害保険が必要な場合は、他のクレジットカードと併用するのがおすすめです。

デメリット2・支払い方法はリボ払いのみ

ACマスターカードの返済方法は、35日ごと・又は毎月のリボ払いのみとなっています。支払いが2か月以上にまたがると利息が発生してしまう点はデメリットです。

ACマスターカード10.0%~14.6%
※ショッピング枠ご利用時
楽天カード12.25%〜15%
ファミマTカード18.0%

デメリット3:提携ATMから返済すると手数料がかかる

ACマスターカードでは、提携ATMから返済すると手数料がかかります。

返済方法には、次のような方法があります。

  • インターネット返済(Pay-easy)
  • アコムのATM・セブン銀行ATMで返済
  • アコム店頭窓口で返済
  • 振込・口座振替(三菱UFJ銀行、他行は振替手数料が必要)

コンビニから支払いできること自体は便利ですが、提携ATMであるセブン銀行ATMからの返済で 1万円以下返済 110円、 1万円超返済 220円かかります。

地味に痛い出費です。ペイジーでの返済ができれば手数料ゼロになります。

タイトルとURLをコピーしました