セゾンカードの審査、口コミ

セゾンカードの特徴、口コミ

セゾンカードの基本スペックは以下のとおりです。

  • 年会費:永年無料
  • 申込資格:専業主婦でも学生でもお申し込み可能
  • 還元率:0.5%
  • 旅行保険:なし
  • ショッピング保険:オンラインプロテクション
  • 特典:SEIYU&LIVINで5%OFFなど

セゾンカードインターナショナルは、セゾンのプロパーカードとして有名です。

セゾンカード(セゾンカード インターナショナル)は、1988年に発行開始された専業主婦や学生(18歳以上、高校生除く)でも申し込み可能な、年会費永久無料クレジットカードの草分け的なカードで、永久不滅ポイントが貯まることでも有名です。

大手クレジットカード会社、株式会社クレディセゾン発行の「セゾン系カード」の中でも、2年目以降も完全年会費無料なクレジットカード初心者が安心できる定番カードです。

新規発行枚数:137万枚

取扱高:3兆9,200億円

総会員2,649万人

稼働会員1,498万人


全国の「西友」や「リヴィン・サニー」ではセゾンカードの利用で、毎月5日、20日のお買い物が5%OFF(食料品や衣料品、家電も対象)になる特典付きのため、カードの稼働率はトップクラスと言われており、スーパーでの買い物時にメインカードとして利用する女性も多いのが特徴です。

また、ポイント還元率は0.5%ですが、nanacoポイント自動付与サービスを利用すれば実質ポイント還元率を最大1.5%にする事も可能ですし、ポイントサイト「セゾンポイントモール」を経由しネットショッピングすれば、最大30倍のボーナスポイントも得られます。
ネット経由+セゾンカウンターでの対面受取で最短即発行可能なセゾンカードは初めてカードを持つ方に人気のカードです。

セゾンカードのスペック:年会費が永年無料のクレジットカード

セゾンカードインターナショナルは、年会費が永年無料です。

セゾンカードのスペック:ポイントプログラムは永久不滅ポイント!

セゾンカードインターナショナルのポイントプログラムは、セゾン独自のポイントプログラムである永久不滅ポイントです。

有効期限がないので、自分のペースでポイントをコツコツ貯めることができます。有効期限があると高額ポイントを貯めていくことが難しいですが、永久不滅ポイントならマイペースにポイントを貯金できます。

セゾンカードのポイント還元率は0.5%

永久不滅ポイントは1ポイントの価値が決まっていないため、交換先によって還元率が異なります。

とはいえ、ほとんどの交換商品はポイント還元率が0.5%換算なので、セゾンカードインターナショナルのポイント還元率は0.5%を目安に。

セゾンカードのスペック:セゾンポイントモール

セゾンカードインターナショナルは、セゾンポイントモールでお得にポイントを貯めることができます。

最近はインターネットでお買い物をすることが増えた方が多いと思います。

ネットショッピングの際に「セゾンポイントモール」を経由すると最大30倍までポイント倍率が跳ね上がります。

セゾンポイントモールは他社と比較しても日本最大級の規模です。

聞いたことがある、使ったことがある多くの有名ショップと提携しています。

学生にオススメなセゾンカードインターナショナルのセゾンモール
学生にオススメなセゾンカードインターナショナルのセゾンモール
  • 楽天
  • Amazon
  • Yahoo!ショッピング
  • ベルメゾンネット
  • ニトリ

などなど・・・

総数は530以上あり、日本を代表する通販サイトが網羅されています。

「永久不滅プラス」という便利ツールが用意されており、これを使うとセゾンポイントモールを経由しなくてもポイントをお得に貯められます。

ちなみに永久不滅プラスは無料で利用できるので、セゾンカードインターナショナルを発行したらインストールしておくのがオススメです。

永久不滅プラスは、セゾンポイントモールでインストールできます。

 

セゾンカードインターナショナルのデメリットは、旅行保険がないことです。

海外旅行にクレジットカードを持っていくのであれば、1枚は海外旅行保険が充実したカードを持ちたいものですね。

セゾンカードの審査

セゾンカードの審査は、昔から謎審査と言われていました。

高スペックの人が審査に落ちたり、パートのおばちゃんが通ったり。

西友などで使ってもらうために女性の審査は甘くなるのは分かります。

実はセゾンカードの審査落ちています。

即日発行可能な審査システムですが、一度セゾンカードに申込しても一度落ちると厳しいようです。

 

https://creditcard-template.net/americanexpress/americanexpress/(新しいタブで開く)

タイトルとURLをコピーしました